ulala koroku website  
INSTRUCTIONS HOW TO WEAR
 
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 

Raffia(英) ラフィア
麦わら帽子の素材。ざっくりとしたカジュアルな素材で、編み方によって雰囲気が変わり、染まりやすいのでカラーバリエーションやプリントしたものもある。帽子以外にバッグ、靴、ラッピングリボンなどにも使用される。もとはマダガスカル産のラフィアヤシ(棕櫚の一種)の繊維からつくられ、現在は台湾産などが多い。
麦わら帽子(日)むぎわらぼうし

Rain Hat(英) レインハット
雨の日用の帽子。シンプルなハット型でぬれないようなコーティング素材、ビニール素材をつかったものが多い。

Releve(仏) ルルベ
ブリムが前やサイドなどの一部があがっている形の帽子。 フランス語で持ち上げる、高くする等の意味からきている。

Resort Hat(英) リゾート・ハット
リゾート(避暑・避寒・行楽などのための保養地)に戸外で被られることが覆いことに由来するので、とくにこういう形という帽子ではない。夏ならば日差し除けのためにキャプリーヌ、冬なら防寒のためのスキーやスケート用の帽子をさす。
Capline(仏) キャプリーヌ

Rex Harrison Hat(英) レックス・ハリソン・ハット
Irish Fisherman's Hat(英) アイリッシュ・フィッシャーマンズ・ハット

Riding Cap(英) ライディング・キャップ
乗馬用のキャップ型の帽子で、ベルベットやバックスキンでつくられていることが多い。堅く丸いクラウンと小さなバイザーが特徴で、チンバンド(あご紐)がついている。

Robin Hood Hat(英) ロビン・フッド・ハット
サイドとバックが反りあがった小さめのブリムと、後方がとがっているトップクラウン、大きな羽がついている帽子。 中世イングランドの伝説上の義賊、ロビン・フッドより由来。13、14世紀のいくつかの文献、資料に登場するが、実在性に関しては確実な資料は存在せず、何人かの実在の人物の伝承が複合して形成された可能性が高いので、いつからこの帽子さすことになったのかはわからない。

Roller(英) ローラー
小さめのブリム全体が急に上に反りあがったブリムの帽子。クラウンも小さいものが多い。ブリムが巻き上がっているのでローラー、巻きつける、という意味から由来。ロール・ハット、ロール帽ともいう。

Roll Hat(英) ロール・ハット
Roller(英) ローラー

ロール帽(日)
Roller(英) ローラー

Bibliography(参考文献)