ulala koroku website  
INSTRUCTIONS HOW TO WEAR
 
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
 

麦稈真田(日) ばっかんさなだ
麦わら帽子の材料。麦の茎藁を平たくつぶし真田紐(さなだひも)のように編み、麦わら帽子の原型の帽体にする。むぎわらさなだ、ともいう。
麦わら帽子(日)むぎわらぼうし/帽体(日)ぼうたい

Baseball Cap(米) ベースボール・キャップ

代表的なキャップ。野球、ベースボールの選手が試合で被っていることに由来する。

Basque Beret(仏)  ベレー
ヘッドサイズより大きいトップクラウンが特徴の、ブリムのないシンプルな帽子。フランスでもていばんの形だが、とくにバスク地方の農民が被っていたところからよばれるようになった。

Béret(仏)  ベレー

ヘッドサイズより大きいトップクラウンが特徴の、クラウンのみの帽子の総称。

Bicorne, Bicorn(英) バイコーン ビコーン/Bicorne(仏)ビコルヌ
大きめのブリムの前後に反りあげていて、角が二ヶ所でているフェルト製の帽子。とがっている部分を左右にして被る場合が多い。18世紀末にトライコーンのとがっていた三角の一角がなくなり、両端が横に広がり二角になった。ナポレオンが好んで被ったことから、ナポレオン・ハットとも呼ばれる。コックド・ハットの一種。
2つ尖っているヶ所があるところから、二つを意味するbi(バイ)という言葉から由来する。二角帽ともいう。二角獣をバイコーンという。
Cocked Hat(英) コックド・ハット
ナポレオン・ハット(英) ナポレオン帽
二角帽(日) にかくぼう
山形帽子(日) やまがたぼう
Tricorn(英) トライコーン

boater(英) ボーター
トップが平らな浅めのクラウンとまっすぐ平らなブリムの帽子。主にストロー・ブレードでつくられる。船遊びをする人や船の漕ぎ手を表す言葉から由来。 同じような意味からフランス語ではキャノチェ、イタリア語ではゴンドリエーレなどがある。
Canotier(仏) キャノチェ/gondoliere(伊) ゴンドリエーレ

Bonnet(仏) ボンネット,ボネ
クラウンが延長したような短めで深いブリムがついたものもさす。フランス語ではブリムのない帽子の総称。キャロットに比べてボリュームがあり、耳まで隠れるものも多い。中世では男性用だったが、18世紀以降には女性のものとして人気が高い。かぶりやすく人気があるデザインで、発祥は古代ギリシアやローマにまでさかのぼるほどの歴史がある。

帽体(日) ぼうたい
帽子の材料。おおまかに帽子の形になったもので、大きくわけるとキャプリーヌ型、クローシュ型がある。夏ものでは麦わら素材などをバイヤスに編んだ素材が多い。冬ものではフェルト素材などをさす。
Capline(仏) キャプリーヌ/Cloche(仏) クローシュ

Bonne Carre(仏) ボネ・カレ
ボンネットの一種。教授、博士、弁護士、聖職者、裁判官などが被る角帽。

Bowler(英) ボーラー
山高帽の一種。1850年イギリスの発明者(制帽業者?)ウィリアム・ボーラーが考案したことに由来。ダービー、コーク・ハットともいう。
Coke Hat コーク・ハット
山高帽子(日) やまたかぼうし

Braid(英) ブレード
英語で組みひものこと。バイ

ヤスでリボン状に編んだ帽子の材料。

Breton(仏)  ブルトン
ブリムが全体にあがっている帽子の総称。フランスのブルターニュ地方の農民が被っていたことに由来し、フランス語のブルターニュ人、ブルターニュ語という意味で、正しくはシャポー・ブルトン Chapeau breton。女性に人気の多い形で、似た形にセーラーハットがある。

Bush Hat(米)  ブッシュ・ハット
近年の戦争で軍に見られるハット。迷彩柄やベージュで、目立たず実用的

 

Bibliography(参考文献)