帽子 hat デザイナー designer 日記 diary
2010.6 New York ホームへ
→●Diary
→●Voyage Trip
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

15 June 2010 @Last night

帰り道で通ったホテルで何気にコクトーを発見。ちょこちょこ街にアートがなじんでいるかんじ、好きです。日本もそういうところは増えるといいな。

がらがらできたスーツケースとはいえ、荷物がパッキングできるのか不安になってちょっと詰めてみたりして^_^;)

夜は夫Tくんの接待で、3月にもお会いしているM氏ご夫婦とディナー。

M氏曰くアイフォンのサイトでおすすめなお店のひとつ、バー・アメリカン。華やかな大人のマンハッタン!! 毎日早めに幼児とグーグー寝ていたので新鮮♪

ちなみに娘はハイチェアで軽く食べた後、持ち込んだバギーでグーグー寝ていました、笑

忘れまくりな英語も最後の日には少し思い出したかな。本日のおすすめのメインはロブスターとあって迷わずチョイス。なんと巨大なロブスターが1人1匹!!

シャンパンからはじまり、赤と白もいただき、こんなにロブスターだけでおなかいっぱいになることって、人生にそうないんじゃないだろうか・・・と幸せに浸った夜でした。

BAR AMERICAN http://www.baramericain.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

15 June 2010 @Spanish bar

お昼頃にもう仕事が終わったと夫Tくんから電話。寝てしまった娘をバギーにのせてここぞとばかり、コロンバス・アベニューで買い物中に合流。

運悪く(?)母と合わせて5足靴を買ったところでばったり。自分で買っているというのに、なんだろうこの気まずさ-_-;) 靴箱がかさばっているだけです・・・なんの言い訳!?

ふらりと入ったのはスパニッシュ系のカフェ。カラマルフリット(イカのフライ)とサングリアは夏の南スペインの定番ですが、この暑さにはぴったり!

カウンターではやはりサッカー、ワールドカップ。夜はサッカー観戦のバーとして盛り上がっていそう。

プロパガンダのパロディか、Your country needs you!(あなたの国はあなたを必要している!)なんていうサッカーバーの宣伝(?)もみかけました、笑

メインにはダイナー的ハンバーガーを頼んだのですが、このパティの厚さ!!

肥満の人が多いのも気になるんだけれど、しっかりビーフのおいしさをいただきました。

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

15 June 2010 Natural things

行きそびれた自然史博物館へ。なぜここに行こうかと思ったかというと、大きな動物の模型や恐竜の化石など見た目に幼児でもわかりやすそうだったからです。

映画「ナイト・ミュージアム」も観たのもあるけれど。エントランスが映画のままのかんじでなんか満足、笑

模型とはいえ、大きいと迫力! 地元の小学生団体などが多い中、広くて迷子になりそうでした^_^;)

ところで炭酸系のアメリカの飲み物というペプシとかチェリーコークとか、申し訳ないけれど体に悪そうなものが多いイメージでした+_+)

今のニューヨークはフレッシュジュース以外にも、オーガニックとか添加物をいれていないという飲み物もたくさんありました。ベジやマクロビをやっている人にもとても住みやすい街だといいますものね。

お気にいりだったのはジンジャーエール。パッケージもかわいいものが多かったな♪

American Museum of Natural History http://www.amnh.org/

 
 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

14 June 2010 CHELSEA +Meat Packing District +Sweets

チーズマークがかわいい、チェルシー・マーケットで朝ごはん。

ヘイル&ヘルシースープのスープとアミーズ・ベイカリーのパンに、ロニー・ブルックファームのミルク。どれもヘルシーでおいしい!!

ニューヨークにしかないチョコレート屋さんやブラウニー屋さんもあり、おみやげ向きなものもたくさん。クッキーもカップケーキもカラフルでポップなお店には娘も興奮! またキティがいました、笑

そのあとミートマーケット・ディストリクトへ。この辺りもちらほらセレクトショップなどがあります。

オタクの手前くらいのおしゃれキャラクターグッズが揃うヨヤマートでは、アグリードールの限定フィギュアなどゲット。

最後はアッパーイーストサイドに移動して、ラルフ・ローレンさんの娘さんが経営しているというディランズ・キャンディーバーへ。

お菓子の家かチャーリーのチョコレート工場か!? 子供からすると夢のように楽しいお菓子屋さん!! お菓子ではないお菓子みたいなものもあって、私まで夢中に! スケルトンでジェリービーンズなどがちりばめられた階段もキュート^_^*)

CHELSEA MARKET http://chelseamarket.com/
Yoyamart http://www.yoyanyc.com/
Dylan's Candy Bar http://www.dylanscandybar.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

13 June 2010 Steak!

ランドマークは若手シェフのお店ですが、我々としてはただ単純に典型的なアメリカらしいステーキを食べにグリルのお店をチョイス、笑

ニューヨークはオーガニック系に強いし、あらゆる国の料理を食べれるので、前日も必ず行くベトナム料理屋さんだったし、以外に普通のダイナーには入らなっかたりします。

シャンパンにムール貝の白ワイン蒸しを前菜というのもベルギー以来の大好きな組み合わせ♪ハイチェアでいただいたおえかきセットをにぎりしめ、寝てしまった娘を横に、どかんとメイン!!

お隣の女子わいわいテーブルでは、サプライズらしきバースデーをやっていました。デザートにキャンドル・・・ならぬ、かごに入れた綿菓子にキャンドル!!笑

The Time Warner Center http://www.shopsatcolumbuscircle.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

13 June 2010 MoMA

ラジオシティの大渋滞を警察が柵を持ち出して交通整理をし、何しているのかと思ったら、トニー賞でした。道には正装した人たちが入場待ちで、文字通りの長蛇の列。

夜TVでも延々と授賞式を生放送していて、ニューヨークらしい一面でした。

新しくできたタイム・ワーナー・センターの中でディナーをしようと散歩がてらコロンバスサークルへ。エントランスには巨大な彫刻が・・・ボテロではないですか!!

インフォメーションのおじさんにも確認。で、こんなところで撮っている人はいないのだけれどぱちり☆

ウイリアムズソノマやホールフーズマーケットもぶらぶら♪

Tony Awards http://www.tonyawards.com/

 
 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

13 June 2010 @Brookly+D.U.M.B.O.

地下鉄でブルックリン・ミュージアムへ。植物園と動物園もある巨大な公園の中にあり、ニューヨーク第2の規模を誇る美術館。

民族オブジェクト系ではパイオニア的な美術館らしいのですが、あまりに広いのでその辺りはスルー、企画の衣装展をメインに見ました。建物は古い部分もありますが、中はだいたいモダンなかんじ。

人がぜんぜんいなくてがらんとしていて、観光客も少なさそう。迷ってカフェで一休み。

そして本日のメイン、ダンボでお買い物。あいにくの雨でバギーでの移動は困難>_<)

大きな本屋さんで本を見ながら待っていてもらい、私だけ買い物に走り回りました。

ニューヨークやダンボ在住のデザイナーのものだけを扱うショップなど、他では見られない商品が楽しいゾーンでした! 買い付けもしましたよ〜^_^)b

Brooklyn Museum http://www.brooklynmuseum.org/
MoMA http://www.moma.org/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

13 June 2010 @pond side

セントラルパークの中を自転車タクシー(?)でロブ・ボートハウス・カフェのブランチを狙いに。娘が乗りたがった馬車よりも早く風を切り、自転車は快適でした♪

コロニアル風? シンガポールのラッフルズ・ホテルを思いだすような白く丸い柱。オープンより早く着いた甲斐があり、開店と同時に満席。

静かな池を眺めながらの食事というのも良いものです♪ロマンチックなのに・・・亀が甲羅干しをしているのはちょっと違うのはなぜ!?笑 横にあるボートハウスのバーで一杯というのも気持ち良さそうでした。

前菜のガスパチョが相当コショウを入れたと思われるパンチの効いた味で、美味しいのですがちょっと変わったシェフなのではないかしら。サービスも良いし、どれも美味しかったし素敵なお店でした^_^)

帰りはセントラルパークの逆サイドのアッパーウェストサイドまで散歩。ジョン・レノンの死後に作られた、オノ・ヨーコデザインのモザイク、ストロベリー・フィールズでは記念写真を撮る人がたくさん。

献花がしっくりくるモニュメントというあたり、お墓みたいでした。Love&Peace Forever.

Loeb Boathouse Cafe http://www.thecentralparkboathouse.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

12 June 2010 MoMA

マンハッタンのおへそ的モマ。メトロポリタン美術館でヨーロッパの絵画を見るより、ニューヨークなら断然モマでコンテンポラリーアート!!

に、行く途中でトム・サックスの巨大白いキティに遭遇。娘は大喜び!! サンリオさんとパテントとかどうなっているのか謎ですが、いまやワールドワイドなキティ、けっこういいかんじでした、笑

フランク・ロイド・ライトのグッゲンハイム美術館も娘に見せたかったけれど、今回は改装してからは私もはじめてのモマなわけです。そしてニュー・ミュージアムに続き、こちらも日本人建築士なのですよね〜♪

ニューヨークの伝説的アーティストバスキア。その名前がタイトルの映画の中で、彼が子供の頃、母親と美術館でピカソのゲルニカを見て、母親が涙する、というシーンが印象的で、娘にも小さい時からなにか感じてほしいと思っている私なのですが・・・

「おうまさん♪」「おねえさん泣いてるねぇ」などとまあ本人なりにコメントあり。うんそうね〜草間弥生の立体はママも触りたいなぁ〜でも触っちゃだめ!!笑

街の風景も計算しているのかと思うような建物と絵画の組み合わせがまたかっこいい。それにしてもお土産グッズが多彩なこと! 観光客もものすごく多いので落ち着いたかんじてはなく、疲れてしまいました。んー見ごたえもあった^_^)

Tom Sachs http://www.tomsachs.org/
MoMA http://www.moma.org/

 
 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

12 June 2010 pancakes

週末になり、夫Tくんも参加。朝からパンケーキを食べにクリントン・ストリート・ベイキング・カンパニー&レストランへ。これがまたものすごいたくさんの待ち人が。

周りにお店がないので、ひまひま。近所の建物や待ちくたびれなおかっぱブロンドガールの写真を撮ってみたりして。

4人だったのもあってか入店できたのは経過1時間半後=_=)当のパンケーキはわりとふわふわ系で。もっちり系好きな私には普通でした。暖めてあるメイプルシロップが何かまぜているらしく、これがすごく美味しかったです♪シロップだけ売ってほしい。


パンケーキのおかげで予定がくるってしまったので、ブルックリン行きは翌日に持ち越し。

それにしても娘が出来てからは、どこに行っても子供服やおもちゃ屋さんが目につくようになりました。そしてまたこどもこどもしすぎない、シックですてきなキッズ服が多いのです。

Clinton Street Baking Co. & Restaurant
http://www.clintonstreetbaking.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

11 June 2010 SATC

タイトルをつけておきながら、一度も見たことがないセックス・アンド・ザ・シティ。もちろん盛り上がっているのはいろいろなところで聞いてはいたのですが^_^;)

マンハッタンが舞台・・・なんですか?笑 ロケ地がいたるところにあり、 なにかにつけその人気ぶりを感じました。

キリンのおやこ柄がかわいくてまとめ買いしたこのエッグの服は、レジの女の子が.「サラ・ジェシカ・パーカーの娘もこの柄を着ているのよ!」と誇らしそうでした。

キャリーが婚約発表したのはマモ美術館のレストランらしいし、キュートなパステルトーンのマグノリア・ベイカリーではカップケーキをほおばるシーンがあるらしい。

こちらはマグノリア・ベイカリーのライムのチーズケーキですが、すごく美味しかったです!! お店のオリジナルTシャツはサイズがなくて娘と共にゲットならず。



洋服屋さんやレストランがたくさんでてくるというし、もちろん泊まっていたホテルの近くのセントラルパークも登場するらしい・・・行く前に見ておくべきだった!?

egg by suzan lazer http://www.egg-baby.com/
MAGNOLIA BAKERY http://www.magnoliabakery.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

11 June 2010 New Museum+Nolita&SOHO

ダウンタウンに移転したニューミュージアムへ。昨年プリツカー賞受賞のニュースが流れた日本の建築家ユニット、サナーに(SANNA)が建築したというので興味深々。

フロアごとに違うイベントをやっているあたりレンタルスペースっぽく、ちょうどやっていた展覧会は新進気鋭と呼ぶべきなのか、美大生っぽい雰囲気の作品でいまいち。実験的な空間、ということなのかな。

ノリータに移動してランチ。日本のネットカフェとはぜんぜんイメージがちがうのですが、ネットが使えるブックカフェがいくつもあって、ノートブックや本を持ち込んで長居しているかんじの人も多し。

子供の本のコーナーも充実していて、子供用の椅子と机もあり、じっくり選べるのも楽しい気がきいているお店が多いです♪



ランチの後は一気にお買い物ムード!! アンティークのエスプレッソカップに、洋服、バッグとまた今日もすごい荷物@_@;)

ソーホーやノリータがおしゃれ♪と日本の雑誌に取り上げられていたのはもう10年以上前だけれど、やはりすてきなショッピングスポットのひとつ^_^)

New Museum http://www.newmuseum.org/

 
 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

11 June 2010
Statue of Liberty


朝からマンハッタンをひたすら下ってバッテリーパークへ。以前は興味がなかったフェリーに乗ってみようということになりました。

とはいっても自由の女神に登りたいわけでもないので、スタテン島往復の無料フェリーから眺めることに。



同じような観光客がいっぱいでしたが、フェリーは大きいのでかなりたくさん乗ってもゆったり。自由の女神が見えるサイドのアッパーデッキは混んでいましたが、他はガラガラ。

救命胴衣がぎっしりと詰まった不思議な光景。並んでいるようないないようなだけれど、いざとなったら使えるのかな。



一階の席のがらんとしたおおざっぱな雰囲気もなかなか良い感じで、スタンドでオレンジジュースを買って、持ち込んだパニーニでランチ。

飽きるほど乗るかと思ったけれど、あっという間に折り返し、近づいてくるマンハッタンがまた素敵なのでした☆

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

10 June 2010 @Shoppnig+Cafe

ランチ後はコテンとお昼寝してしまった娘をバギーにのせて、アムステルダム・アベニューを散策。ウィンドウショッピングに疲れたらカフェ、は旅行の基本です。

それにしてもなんでカフェの雰囲気って日本と違うのでしょう・・・あたり前か。

結局ホテルまで歩いて帰りました。バギーにかけるショッピングバッグがどんどん増えて、タクシーやバスに乗るのには畳むのがやっかいになりすきだから歩いたという噂も、笑

カップケーキはだいたいどのカフェでも見かけました。こちらはキャロットケーキ。黄色いビールに見える飲み物はホットレモネード。泡が立ちすぎでは・・・!?



マンハッタンの真ん中、タイムズスクエアにあるトイザらスは大変なことになっていました。トイストーリー3のにぎやかな宣伝の中、吹き抜けには観覧車!!

博物館並みの大きさの動くティラノザウルス、車も持ち上げるスパイダーマン、となんでもすごく大きい!! アメリカらしいお店です。

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

10 June 2010 @Children's Museum2

ディズニーランド的なカートゥーンチックな家具があるコーナーや音のでる楽器、風をつかったおもちゃ、ライトをつかったアートのおもちゃなど、考えられる限るの遊びが終結。

入ったのはほぼオープンの時間だったのですが、みるみる間に子供たちの数が増えていきました。ワークショップやイベントも多いようで、地元の子はメンバーになっている子が多いようでした。

ひととおり遊んだらもうお昼になっていて、お腹も空いたから帰ろうかと思ったところで、外にあるお水遊びコーナーを発見。

防水のエプロンがあり、ゴムのあひるちゃんを流してみたり、お魚を釣ったりするところがあって、まあよくこんなものまで!! お水好きな娘はこれまた大ヒットだったらしく、空腹も忘れて一心不乱に遊んでいました。

寄り道のつもりが半日イベントとなったこども博物館を出て、近所のアムステルダム・アベニューでランチ。

こども博物館からの流れでランチする親子は多いようで、近所のカフェやレストランは子連れが多くて入りやすかったです^_^)

くまちゃんのおいてあるショーウィンドウは、子供が上がって遊ぶのもOK。

 
 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

10 June 2010 @Children's Museum

自然史博物館にむかう途中にある、マンハッタンこども博物館。入り口を通りすぎようとしたら最近TVでみかけなくなったドーラが。入り口を覗くと遊べるようなので入ってみることにしました。

先日行ったピアレッテが大きくなったようなところで、さらに歴史や社会のしくみなども学びつつ遊べるという施設でした。ドーラの探検フロアから始まり、娘はおすべりから粘土、パズル、お砂と片っ端から遊んで大興奮!!

各フロアも広いのですが、ひとつひとつの遊具が大きい! おもちゃのバスや車は大人も充分に乗れるし、お店屋さんあたりは普通に大人並みの広さ。こちらの消防車も2m近くはありそうです、笑 
遊具のそばでママたちは、話しをしたり携帯をいじっていたりと日本と同じような光景。

こちらは郵便屋さんに郵便を出すところから配達されるとこまでのミニチュア。絵本の中の乗り物の再現なんていうのもありました☆

Children's Museum of Manhattan
http://www.cmom.org/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

10 June 2010 let's get the bus

ベビー連れでNY住んでいたSさんからはマンハッタンは移動が大変ときいていました。確かに古いので地下鉄を始め、エスカレーターやエレベーターがない施設もいっぱい・・・オールタクシー!?しかし一通も多いからそれも便利とは限らないし・・・

ということで今回はバスを利用。ベビーカーこそ畳まないといけないけれど、これがとても便利でした! 地下鉄も乗りましたが、出口の小さな隙間に娘が足をはさんでしまいヒヤリとした場面もあり、本当にバスのほうがおすすめです!

マンハッタン内はよくくるし以外に時間に正確、2ブロックおきくらいにちょこちょこ止まるので、目的地までストリートを数えながらぎりぎりの一番近いところで下車。わからなければ運転手さんに言っておくと教えてくれるし、周りの人も教えてくれて親切♪チケットはメトロカードと共通なので買うべし☆

ということで朝は仕事に行ったTくんと別れると、早速バス移動、アッパーウエストサイドの地元に住人に紛れて、高級食料品店ゼイバーズでブランチ。

ZABERS http://www.zabars.com/

 
帽子 hat デザイナー designer 日記 diary

9 June 2010 Baby goes NY!

いきなりですが・・・ニューヨークです!! お店用の買い付けをしたかったので、夫Tくんの出張に便乗。3度目のNYとはいえ、初の子連れということで不安がいっぱい。

北海道でさえうんざりしたフライト、直行便にしたとはいえ半日近くも飛行機に乗っていせれるのだろうか!?と海外旅行済みのお友達にアドバイスしてもらい戦々恐々。

ところが、普通のシートでも真横になって寝れる小ささと、変な格好でも熟睡できる子供の技をもってなんなくクリアでした^_^)

大人のほうがうんざりのフライトが終わると、入国審査の長い列が!!テロ以降もNYに行きましたがESTAはあるし、日増しに審査が厳しくなっているようで指紋(バイオ認証)をとられたのなんて初めてでした@_@;)

これじゃあ並ぶわけだ、というところですがベビー連れは、ニューヨーク市民の入国カウンターでOKにしてくれたので、すんなり入国。以外に子連れってあり?笑

2歳10ヶ月の娘は初めての「見たことない国」に緊張しながらも、興味深々。今回の旅のお供はペネロペ